堀田学区地域福祉推進協議会

           

      
給食会 予定               
     
     
1、6月21日(木)午前11時30分〜 (毎月第3木曜日が原則です。)

  2、場所 瑞穂生涯学習センター 視聴覚室
  3、対象 民生委員 一人暮らし見守り対象者
  4、会費 300円
  5、アトラクション      
                                                                                                      2018年2月15日 区役所地域力推進課・瑞穂警察署・交通安全指導員による講演                                                                           
                                                                                   
                                                                     
                    2018年2月15日 給食の準備

      

                                                       
  
ふれあい・いきいきサロン予定

     ふれあいサロンひさまつ
             
 
               
日時 6月6日(水)(毎月第1水曜日 10:00〜11:30)
                       

       会場 堀田小学校特活室(ギャラリーひさまつ)

       参加対象者 60歳以上の方

       
                    
2018年4月4日 サロン堀田と合同花見  堀田小学校正門付近で

           
             
2018年3月7日  サロンひさまつで豆乳を使った湯葉料理


     ふれあいサロンほりた

      日時 6月15日(金) 13:30〜15:00 (毎月第3金曜日)

      会場 堀田小学校 特別活動室

             会費 無料

      参加対象者 60歳以上の方

              

          2018年4月4日 合同サロンほりた 堀田小学校の特活室で

                             



             

                     平成27年1月16日 サロンほりた(特活室)で堀田小学校1年生との交流会の説明を受けている。。

                 

                              
              

                 

                                                                 あやとりの練習


         

                                                                      おてだまの練習


                 

                                                                   こままわしの練習


                

                                                                                    


    ほりたオープンハート

         育児での不安や疑問を気軽に話し合える子育て支援サービスです。

      楽しくおしゃべりしながら過ごしましょう。

      保健師さんに相談できます。      

      参加対象者 出産予定のプレお母さん

              0歳児及び未就園児とその家族

      日時 6月12日 10:30〜12:00 (原則として毎月第2火曜日)

      会場 堀田小学校 特別活動室

      参加費 無料

             


                                     
  2018年3月13日のほりたオープンハート


   堀田学区地域支えあい事業 4月分実績報告
    

  2018年4月28日 堀田学区地域福祉推進協議会総会開催
    4月28日午後1時30分より堀田小学校特活室において堀田学区地域福祉
   推進協議会の総会を開催しました。
   来賓として社会福祉協議会事務局長田端敬則様はじめ3人の方に参加して
   いただきました
総勢80名の方に参加していただきました。

      総会式次第
   
   開会の言葉     久松淳一
   会長挨拶       木俣勝巳
   来賓紹介       社会福祉協議会事務局長 田端敬則様
   議長選出       木俣勝巳
  
   議題
     平成29年度 事業報告・会計報告
      堀田学区地域福祉推進協議会・堀田学区地域支えあい事業
      事業報告(川岸勝)・会計報告(山田明)・会計監査(杉山隆司)

      ふれあい給食会・いきいきサロンほりた・いきいきサロンひさまつ
      ・堀田オープンハート・かみいちサロン・上2あつまれふれあいサロン
      ・いこまい牛巻クラブ・新開町ふれあいいきいきサロン
      ・南新開荘ふれあいサロン      ・ほがらかサロン堀田 
               

     堀田学区支えあい事業ボランティア表彰
       黒木一文様・菅沼満香様・竹味千枝子様・横井修嗣様に感謝状贈呈

       

   新役員選出
     会長 古田芳子  副会長 山田明 副会長 久松淳一  書記 山田由紀子
     会計 杉山隆司  監査 黒木一文

   議長選出  古田芳子

     平成30年度 事業計画(山田由紀子)・予算(杉山隆司)
      堀田学区地域福祉推進協議会・堀田学区地域支えあい事業
      ふれあい給食会・いきいきサロンほりた・いきいきサロンひさまつ
      ・ほりたオープンハート・かみいちサロン・上2集まれふれあいサロン
      ・いこまい牛巻クラブ・新開町ふれあいいきいきサロン
      ・南新開荘ふれあいサロン・ほがらかサロン堀田
       (上記10事業は時間の都合上別紙をご覧ください)

   閉会の言葉  山田明

  講演 『防災対策まず家具転倒防止から』』
      講師 わがやネット代表理事 児玉道子様 


  
         



  表山学区(天白区)と堀田学区 支えあい活動交流会
        日時 2018年1月29日 13時30分〜15時20分
    会場 堀田学区 ギャラリーひさまつ
    出席者 表山学区7名・天白区社会福祉協議会堀江主事
         堀田学区10名・瑞穂社会福祉協議会田端事務局長はじめ4名

    内容 ・水谷表山学区区政協力委員会委員長挨拶
        ・木俣堀田学区区政協力委員会委員長挨拶
        ・堀江主事より表山学区の活動報告
        ・瑞穂社協伊藤典子さんの堀田学区の活動報告
        ・車を使ったお助け活動について
        ・南新開荘のごみ屋敷について
        ・支えあい活動をいかに住民に知ってもらうか?
         イベント時にチラシを配る。
        ・支えあい活動のボランティアをいかに増やすか?
         町内会長にボランティアになってもらう。
                ・家具転倒防止作業も支えあい活動に組み入れる予定
        ・アライグマの捕獲状況について
        ・その他いろいろな課題で盛り上がり、時間延長となる。


      






    2017年7月6日 堀田学区『地域支えあい事業』
      ボランティア研修会開催
   7月6日午後1時30分〜午後3時10分 堀田小学校特活室において
    ボランティアの人 45名が集まり、堀田学区『地域支えあい事業』
    ボランティア研修会を開催しました。

  1、趣旨
       
誰もが住み慣れた地域で長く安心して暮らしていくために、
       堀田学区で展開されている地域支えあい事業の活動
       について理解を深め、支援 が必要な方に対する
       見守りや支えあい活動を学区全体へ広めていきつつ、
       地域における連帯と協力を一層高めていくことを
       目的に開催します。

  2、対象者
       
(1)『堀田支えたい!』ボランティアとして活動してくださった方
       (2)『堀田させたい!』ボランティアとして活動してもよいと
          アンケートに記入していただいた方
       (3)地域支えあい活動連絡会議構成員
       (4)各民生委員児童委員
       (5)各町内会長 など

  3、主催
      
 堀田学区地域福祉推進協議会
  4、協力
       
名古屋市瑞穂区社会福祉協議会 

  5、内容
     開会
      ○挨拶 
堀田学区地域福祉推進協議会会長 木俣勝巳 氏
           瑞穂区社会福祉協議会事務局次長 伊藤一行 氏

    (1)名古屋市内における堀田学区の活動状況につて
       ・
発表者 瑞穂区社会福祉協議会 伊藤典子 氏
    (2)堀田学区での地域支えあい事業の取り組み報告
       ・
発表者 堀田学区地域福祉推進協議会 鈴木ゆづる 氏
    (3)介護保険制度について

       
・発表者 瑞穂区役所福祉課介護保険係長 清水博美 氏
      @ 介護保険制度の特徴
      A 介護保険制度の仕組みと対象者
      B 申請から認定、利用までの流れ
      B 介護保険サービス 
  

   
    

 地域支えあいマップづくり
  
「地域支えあいマップづくり」は町内会を範囲として、支援を必要とする方々や

    利用している福祉サービス及び関わっている方などを地図に落とし込み、それぞれの
   つながりを導線で結ぶことにより、地域における関係性や支えあいの状況を明らかに
   する活動です。
   この活動は原則として5町内会で毎月第一土曜日に堀田小学校の特活室で行われます。

   「地域支えあいマップづくり」では・・・
   ●町内で孤立している人は、引きこもっている人はいるのか?
   ●家族と同居していても、昼間一人になってしまう人はいるのか?
   ●在宅介護の世帯はあるのか?
   などを集まった住民同士が話し合い、解決のヒントを探ることに大きな意義があります。
                        
 ↓

    「マップづくり」そのものが目的ではありません。マップで確認された近所での
   取り組み課題を共有し、ふれあいネットワーク活動(見守り活動)に取り組むことが
   目的です。


   
   ふれあいネットワーク活動」とは?

   地域に住む要援護者を住民の自主的な参加・協力により見守り、助け合いながら福祉
   サービスの利用を有効に結びつけることで、誰もが安心してその人らしく暮らせる
   まちづくりを進める活動です。
   ひとり暮らしの高齢者など、何らかの支援が必要な方を身近な地域で「お互いに、
   無理なく」見守り・支えあうものです。

       

                
                       2017年5月6日 堀田小学校特活室にてマップづくり     



  2016年1月19日 『堀田支えたい!』活動発表
  1月19日午後3時より名古屋市公会堂1階大ホールで名古屋市
   社会福祉協議会 主催の生活支援活動の実践発表会が
   開催されました。
   堀田学区より鈴木ゆずるさんが 『 堀田支えたい!』の
   実践報告をしました。
   

    
   
    
内容
     堀田学区の概要
                   事業に取り組むきっかけ
         事業スタートまでの取り組み経過
         堀田学区の活動状況
         生活支援活動『堀田支えたい!』活動事例
         『堀田支えたい!』利用登録者数
         地域支えあいマップづくり
         ふれあいいきいきサロン
         取り組んでよかったこと
         堀田学区の課題
         堀田学区のこれから
     



 2015年上期 堀田学区地域支えあい活動報告
   

 2015年2月2日午前9時支えあい事業スタート!
     安心安全まちづくりセンター(元堀田交番)に事務所を構え、地域支えあい事業が

   はじまりました。
     地域で生活する上で支援が必要な高齢者などのちょっとした困りごとを住民相互で
  助け合う活動です。

  

                                  堀田学区地域支えあい活動連絡協議会のみなさん

     

                          ご近所ボランティアコーディネーターのお二人





 2014年10月22日堀田学区支えあい活動連絡会議
   (会長木俣勝巳)で『支えあい事業』の実施が決まる。

      趣旨:地域で生活する上で支援が必要な高齢者などのちょっとした困りごとを
        住民相互で助け合うための仕組みづくりを推進ます。

         活動方法:@支援隊やお助けマンなど生活支援活動に特化したボランティア
            活動グループをつくる。
          A依頼者宅近くに住んでいるボランティアの方で対応する。
            (コーディネーターが調整)
          B生活支援ボランティア申請名簿からコーディネーターが依頼内容に
            見合うボランティアを探し、派遣調整する。

     
11月13日の連絡協議会で説明し、町内会長に
    ボランティア募集を依頼する。


            11月25日 この会の名称を『堀田学区支えあいたい』とする。